皮膚病の原因はドッグフードにあり?【※食事の見直しが大事!】

MENU

犬の皮膚病の原因はドッグフードにあり!

皮膚病の犬

 

ペットを飼っている方は健康管理もしっかり行われていることが多いですが、きちんと飼われている場合でもやはり病気になってしまうことはあるものです。

 

犬は特に人気の高いペットですが、犬によく起りやすい病気のひとつに「皮膚病」があります。

 

「皮膚の赤味」「かゆみ」「抜け毛」などが起こり、命に直接かかわる病気ではなくても、ペットがかゆがったり、不快な思いをさせるのは飼い主にとってもつらいものがあります。

 

薬をつけても、清潔を保っていてもなかなか治らないという場合も少なくありません。
このような症状を治してあげるためにもその原因はしっかり突き止めておきましょう。

 

ペットが皮膚病になってしまう原因は・・・

 

  1. 不潔にしている。
  2. ノミやダニなどによる影響。
  3. 合わないシャンプーを使っている。

 

などがあげられます。

 

そして意外にも、合わないドッグフードが影響してしまうこともあります。

 

ドッグフードはすぐに食事の用意ができ、保存もききますので、とても便利です。
しかし、やはり長期に保存するためには様々な添加物が配合されており、それがペットの皮膚病の原因になってしまう場合もあります。

 

何らかの添加物が影響していると考えられる場合は無添加のドッグフードに切り替えてみるなどで改善される場合もあります。

 

それから小麦などの食品でアレルギーを起している場合もあります。小麦はドライフードによく配合されていますが、小麦のアレルギーを持つ犬は意外と多いものです。

 

そして、そのほかにも牛肉や鶏肉、卵、とうもろこしなどでもアレルギーを起こし、それが皮膚炎を起している場合もありますので、現在利用しているドッグフードはどんな成分で作られているかもよく確認しておきましょう。

 

どんなものがアレルギーになっているかは血液検査でわかる場合もありますので、一度で検査してみるのも良いでしょう。

 

それから、最近はアレルギーに対応しているドッグフードも色々な種類が出ていますので、そうした商品に切り替えてみるのも良い改善が期待できます。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

涙やけの原因はドッグフードなの?
ドッグフードと涙やけの関係について記載しています。また涙やけを無添加ドッグフードで改善できるのかも述べています。
ドッグフードでウンチの臭いや硬さは変えられる!
アレルギー持ちの愛犬には無添加ドッグフードがおすすめ!
アレルギー持ちの犬に無添加ドッグフードが選ばれる理由。無添加フードならアレルギーのリスクを下げることができます。
犬の抜け毛とドッグフードの関係について!
ワンちゃんの抜け毛の原因はドッグフードが関係しているかもしれません。ここでは抜け毛の予防法から抜け毛を防ぐドッグフードについて記載しています。
肝臓にいいドッグフードとは?