必見!肝臓にいいドッグフードとは?|数値が高い犬の食事とは?

MENU

肝臓の数値が高い犬に与えるドッグフードとは?

肝臓が悪いワンちゃん

 

犬も人間と同じように、食生活などの毎日の生活習慣によっては肝臓を傷めてしまうことが十分に考えられます。特に、多くの飼い主の方が信じているのは、ドッグフードが犬にとっては一番バランスのとれた食事だという考えではないでしょうか。

 

しかし、ドッグフードの表示成分を見ればわかりますが、多くのドッグフードには食品添加物や防腐剤、ノミ・ダニ駆除剤といった体によくない成分が入っていることがわかります。

 

そのため、肝臓の数値が高い犬にとっては、こうしたドッグフードは与えないことをおすすめします。もちろん、食材にこだわっているドッグフードもたくさん発売されていますが、犬の毎日の食費なども考慮していく必要がありますので、なかなか選べない飼い主さんもいると思います。

 

そのため、ドッグフードに頼るのではなく、人間がたべる食材を使って犬のご飯を作ってあげることで、肝臓の負担も軽減され、数値も平常値に戻ってくることが考えられます。

 

また、ドッグフードに限らず、犬用のおかしやおやつにも注意が必要です。

 

飼い犬のかわいさについつい、おやつをあげてしまう飼い主さんが多いですが、こうした生活習慣は犬の健康そのものにも影響を与えてしまいます。

 

最終的に苦しむのは、いつも溺愛している犬のほうですので、ここはしつけの一環として、むやみやたらにおやつやお菓子を与えないようにすることが大切といえます。

 

また、人間の場合と同じように、犬にもウコンといったような肝臓に効く栄養補助食品を与えることで、改善することが期待できます。しかし、与えるときに注意しておきたいのが、犬の生活習慣を改善した上で、こうした栄養補助食品を利用していくことです。

 

いくらウコンを与えたとしても、食品添加物が入っているドッグフードやおやつを与えているのであれば、それほど効果は期待することができません。そのため、まずは飼い主の普段の行動を見直してみることからはじめてもいいかもしれません。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

涙やけの原因はドッグフードなの?
ドッグフードと涙やけの関係について記載しています。また涙やけを無添加ドッグフードで改善できるのかも述べています。
ドッグフードでウンチの臭いや硬さは変えられる!
皮膚病の原因はドッグフードにあり?
質の悪いドッグフードが皮膚病の原因になることがあります。ここでは皮膚病とドッグフードの関係性を解説しています。
アレルギー持ちの愛犬には無添加ドッグフードがおすすめ!
アレルギー持ちの犬に無添加ドッグフードが選ばれる理由。無添加フードならアレルギーのリスクを下げることができます。
犬の抜け毛とドッグフードの関係について!
ワンちゃんの抜け毛の原因はドッグフードが関係しているかもしれません。ここでは抜け毛の予防法から抜け毛を防ぐドッグフードについて記載しています。