必見!安全なドッグフードの基準!【どんなドッグフードが安全なの?】

MENU

安全なドッグフードの基準は何?どこを見ればいいの?

可愛い犬

 

大切な愛犬には「安全なドッグフードを食べさせてあげたい」
と願う人もおられることでしょう。

 

では、安全なドッグフードを食べさせるためには、
どんな商品を購入すればいいのでしょうか。

 

それはひとえに、不要な添加物の入っていない商品のことです。
基準はこの1点にかかってるといっても過言ではありません。
不要な添加物の「有、無」。これが安全を見極めるポイントであるといえます。

 

 

添加物の入ってないドッグフードのことは、無添加ドッグフードと呼ばれます。

 

 

無添加ドッグフードでは、文字通り不要な添加物が一切入っていません。
これは愛犬の体に負担をかけさせないことを目的に作られたもので、
とてもヘルシーな成分内容で構成されています。

 

一般的な商品の場合は、農薬や殺虫剤などが入ってる場合もありますが、
無添加においてはそのような心配がありません。

 

原材料の穀物や野菜は無農薬が使用されており、
酸化防止としてはローズマリーなどが使用されています。

 

無添加のドッグフードであるかを見分けるためには、
記載された成分をチェックすると簡単に分かります。

 

成分表にエトキシン、BHA、BHTなどが記載されていれば、
それは無添加商品ではありませんが、記載がなければ無添加商品です。

 

 

ただし、成分表示については注意しておかなければならないことがあります。

 

 

それは、ペットフード安全法によって、
「原材料は原則全て表示すること」となっていることです。

 

これは何を意味するかといえば、
原材料に含まれる添加物の表示までは義務づけていないということです。

 

何かの原材料を使用したとき、その原材料名の表示は必要ですが、
原材料に散布した農薬についてはこれを表示する義務がないのです。
したがってこうした点を注意深く見ておく必要があります。

 

一方、無添加ドッグフードのメリットは多岐にわたります。
さまざまな疾患にかかることを予防することができますし、健康を維持したり、
アレルギーを回避したり、免疫力を向上させることもできます。

 

愛犬の腎臓や皮膚の調子が悪いなら、そうした症状を改善させることも可能です。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはダメ!!
こんなドッグフードは危険です。犬に与えてはいけないドッグフードはどんなものなのか紹介しています。
ドッグフードは何を基準に選べばいいの?
ドッグフードを選ぶときの基準を紹介。ここを見れば、ドッグフード選びで迷うことはありません。
ドッグフードの添加物が危険な理由
ドッグフードに含まれている「添加物」の危険性について記載しています。「なぜ?添加物はダメなのか」を知らずして、購入するのはやめましょう!
消化のいいドッグフードの選び方と特徴
消化のいいドッグフードの選び方や特徴を紹介。健康を維持に消化吸収はとても大事です。
栄養価の高いドッグフードとは?
栄養価の高いドッグフードについて説明。犬に必要な栄養素を含むドッグフードを選びましょう!
塩分控えめなドッグフードを選ぼう!
塩分控えめなドッグフードは愛犬の健康維持に大切です。犬は汗をあまりかかないので、塩分の必要量は極めて少ないです。
ドッグフードの着色料に騙されるな!
何故、ドッグフードに着色料が使用されているのだろう?この疑問について解説しています。犬にとって着色料はまったく意味がないものです。