危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはダメ!!

MENU

危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはいけない!

危険

 

犬はペットと言うだけでなく大切な家族の一員でもあるだけに、
いつまでも元気で長生きをしてもらいたいものですよね。

 

そのためにはまず、「食事」に対して気を使わなければなりません。

 

少し前の日本では犬に対して、人の食べ残したものを与えていた次期などがありますが、
人間が食べても大丈夫なものが犬に取っては危険な食べ物の場合があるため、
このようなことは絶対にしてはいけません。

 

最近では「犬にタマネギを与えてはいけない」などという情報が一般的になってきたため、
できるだけ人の食べるものを与えない人も増えてきましたが、それでも人間の食べるものを与えてしまう人は多くいます。

 

犬は塩分なども人と同じように代謝することができないので、
人が食べるものは基本的に犬に与えてはいけないのです。

 

そのため、犬に与えるご飯は安全なドッグフードをあげることが一番なのですが、ドッグフードがどれも安全とは限らず中には危険なものも混じっているので注意が必要です。

 

人が食べるものであれば、厳しい基準があるためそれをクリアするために食の安全が確保されていますが、ドッグフードは人に与えるもののように厳しい検査などが無いため、時に犬の健康を損ねてしまうようなものもあるのです。

 

そこで、危険なドッグフードというのはまず生産国が海外のものです。
特に中国産になると、アメリカで中国産のドッグフードを食べた犬が死亡するという事件も起きているだけに、注意が必要です。

 

また、材料に関しても何が入っているのかわからないようなものは、
やめておいたほうが良いでしょう。

 

ドッグフードの裏面を見れば、何が入っているのかはすぐに分かりますので、ドッグフードを購入する際は必ず裏面の成分表を見るように心がけましょう。

 

犬は人間と比べて非常に繊細ないきものだけに、食べ物に関しても人間以上に気を配らなければいけないので得体のしれないようなものはできるだけ避け、国産の更に材料までも原産地が書かれているようなものを選ぶと安心して、かわいい犬にご飯を与えることができます。

 

犬の食の安全を守ってあげることも、飼い主の大事な役目なのです。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

ドッグフードは何を基準に選べばいいの?
ドッグフードを選ぶときの基準を紹介。ここを見れば、ドッグフード選びで迷うことはありません。
安全なドッグフードの基準
安全なドッグフードの簡単な見分け方は「無添加」であるか、ないかです。ここを見るようにすれば、安全なドッグフードは選ばます。
ドッグフードの添加物が危険な理由
ドッグフードに含まれている「添加物」の危険性について記載しています。「なぜ?添加物はダメなのか」を知らずして、購入するのはやめましょう!
消化のいいドッグフードの選び方と特徴
消化のいいドッグフードの選び方や特徴を紹介。健康を維持に消化吸収はとても大事です。
栄養価の高いドッグフードとは?
栄養価の高いドッグフードについて説明。犬に必要な栄養素を含むドッグフードを選びましょう!
塩分控えめなドッグフードを選ぼう!
塩分控えめなドッグフードは愛犬の健康維持に大切です。犬は汗をあまりかかないので、塩分の必要量は極めて少ないです。
ドッグフードの着色料に騙されるな!
何故、ドッグフードに着色料が使用されているのだろう?この疑問について解説しています。犬にとって着色料はまったく意味がないものです。