ドッグフードの添加物が危険な理由!

MENU

ドッグフードの添加物が危険な理由!

合成添加物

 

ペットの健康を維持・向上するためには、食事はとても大切になります。

 

そして、ドッグフードは手軽に食事の用意ができますし、栄養のバランスも良いことで、
多くの家庭で利用されています。

 

ペットの健康維持に役立つ栄養成分が豊富に含まれていますが、やはり市販のフードの場合は長期に品質を保持しなくてはいけませんので、様々な添加物も配合されており、飼い主の方も気にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ドッグフードの場合、市販されているほとんどの商品には何かしら添加物が含まれています。
長期に保存するためにはやはり保存料も必要ですし、フードを食べやすく、なめらかに作るためにも様々な添加物が利用されています。

 

そして成分によっては、ペットの健康に影響を及ぼしてしまうものもあり、アレルギー反応が起きたり、病気を起しやすくしてしまう場合もあります。

 

犬に多い皮膚病やアレルギー症状、お腹の不調なども
実は間違ったフード選びによるところが多いとされています。

 

そして不調があるときは動物病院で治療を行うこととなりますが、このときに利用する薬も長期に利用することはやはりペットの体には負担となってしまいます。慢性的な症状もドッグフードを変えることで改善される場合もありますので、長期に治療を続けていても、改善が見られないという場合は食事が影響している可能性がありますので、フードを見直してみましょう。

 

ドッグフードは毎日、しかも長期に利用していくものとなりますので、適当に選んでしまわず、本当に良いものを選んであげることが大切です。

 

最近はペットフードもより良いものが登場しており、無添加のフードも注目されています。
添加物が豊富に含まれたフードに比べて、高い長期保存に向かないなど欠点もありますが、余計な成分ができるだけカットされており、原材料にもこだわって作られています。

 

「ペットの体質を改善させたい」「より元気にしてあげたい」という方はこうした無添加のフードの利用も検討してみてはいかがでしょうか。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはダメ!!
こんなドッグフードは危険です。犬に与えてはいけないドッグフードはどんなものなのか紹介しています。
ドッグフードは何を基準に選べばいいの?
ドッグフードを選ぶときの基準を紹介。ここを見れば、ドッグフード選びで迷うことはありません。
安全なドッグフードの基準
安全なドッグフードの簡単な見分け方は「無添加」であるか、ないかです。ここを見るようにすれば、安全なドッグフードは選ばます。
消化のいいドッグフードの選び方と特徴
消化のいいドッグフードの選び方や特徴を紹介。健康を維持に消化吸収はとても大事です。
栄養価の高いドッグフードとは?
栄養価の高いドッグフードについて説明。犬に必要な栄養素を含むドッグフードを選びましょう!
塩分控えめなドッグフードを選ぼう!
塩分控えめなドッグフードは愛犬の健康維持に大切です。犬は汗をあまりかかないので、塩分の必要量は極めて少ないです。
ドッグフードの着色料に騙されるな!
何故、ドッグフードに着色料が使用されているのだろう?この疑問について解説しています。犬にとって着色料はまったく意味がないものです。