消化のいいドッグフードの選び方と特徴|【※コレだけ覚えればOK!】

MENU

消化のいいドッグフードの選び方と特徴!

消化いい食べ物

愛犬を飼っている時、
「消化のいいドッグフードをあたえてあげたい」と思うことは、当然のことです。

 

意外と、犬はお腹をこわしやすく、
子犬などは消化が悪いものを食べたせいで、ぐったりとなってしまうこともあります。

 

そのような事にならないためには、飼い主が消化のよいドッグフードを選んで、
食べさせてあげる必要があります。

 

では、どのようにして選べばよいのでしょうか。また、どんな特徴があるのでしょうか。

 

まず、選ぶ時には、しっかりとしたメーカーのものを選ぶようにしましょう。
安価なものは、愛犬の健康に悪いものが多々入っている可能性があります。
注意をして、あまり安価なドッグフードは買わないようにしましょう。

 

次に、原材料と成分表示表を見るようにします。
これは、種類が出来るだけ少ない方が良いのです。種類がとても多く表示されているということは、つまり、たくさんの添加物が入っているということになります。

 

そのため、当然、愛犬の健康にはよくありません。

 

また、その原材料の中でも、トウモロコシが入っているものは選ばないようにしましょう。
犬は、穀物類は消化しにくいのです。しかし、ドッグフードにはトウモロコシが入っていることが、とても多いです。出来るだけ、入っていないものを選ぶようにします。

 

成分表の見方として、一番はじめに書かれている原料がそのドッグフードのメイン原料です。そのため、一番初めにトウモロコシなどの穀物類が記載されていたら、消化にいいドッグフードとは言えません。

 

その他、コーングルテンが入っていない特徴のものを選ぶようにしましょう。
コーングルテンは、名前のとおり、トウモロコシからつくられているものです。トウモロコシを希釈した亜硫酸液にひたし、コーン油やコーンスターチをつくるために胚芽を分離させたものです。トウモロコシの搾りかすみたいなものなので、当然、あまり良くはありません。

 

もし、トウモロコシと一緒にゴーングルテンが入っている場合は、とても悪いというものになってしまうため、選ばないほうが良いでしょう。出来るだけ、この2つのものが入っていないドッグフードを選んで食べさせてあげるようにしましょう。

 

まとめ

消化のいいドッグフードは、トウモロコシや小麦など穀物が少なめで、サツマイモやじゃがいもなどの食物繊維が豊富なものです!

 

市販で見つけるのは難しいと思いますので、インターネットで見つけることをオススメします。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはダメ!!
こんなドッグフードは危険です。犬に与えてはいけないドッグフードはどんなものなのか紹介しています。
ドッグフードは何を基準に選べばいいの?
ドッグフードを選ぶときの基準を紹介。ここを見れば、ドッグフード選びで迷うことはありません。
安全なドッグフードの基準
安全なドッグフードの簡単な見分け方は「無添加」であるか、ないかです。ここを見るようにすれば、安全なドッグフードは選ばます。
ドッグフードの添加物が危険な理由
ドッグフードに含まれている「添加物」の危険性について記載しています。「なぜ?添加物はダメなのか」を知らずして、購入するのはやめましょう!
栄養価の高いドッグフードとは?
栄養価の高いドッグフードについて説明。犬に必要な栄養素を含むドッグフードを選びましょう!
塩分控えめなドッグフードを選ぼう!
塩分控えめなドッグフードは愛犬の健康維持に大切です。犬は汗をあまりかかないので、塩分の必要量は極めて少ないです。
ドッグフードの着色料に騙されるな!
何故、ドッグフードに着色料が使用されているのだろう?この疑問について解説しています。犬にとって着色料はまったく意味がないものです。