必見!栄養価の高いドッグフードとは?【※タンパク質が最も大事!】

MENU

栄養価の高いドッグフードを選んだ方がいい!

タンパク質

 

人間の食事も以前より、健康食や安全志向が高まってきています。
それは人間の食事だけでなく、ペットの食事にも広がってきているようです。

 

家族としてワンちゃんを迎え入れている方も多いと思いますが、ドッグフードも、ただ単に価格だけで選ぶ時代ではありません。家族同然のワンちゃんの健康を思うなら、栄養価の高いドッグフードを選ぶように心がけましょう。

 

ワンちゃんにとって必要な栄養素は、

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

と言われています。特にタンパク質は人間より約4倍も必要とするほど、
ワンちゃんにとっては欠かせない栄養素です。

 

ですので、ドッグフードはタンパク質がしっかり、含まれている物を選ぶ事が大切です。

 

しかし、市販されているドッグフードの全てが、ワンちゃんにとって栄養価の高い物とは限りません。例えば安いフードの場合、価格を抑える為にタンパク質ではなく、炭水化物でかさ増ししているものもあるのです。

 

特に、ワンちゃんの場合は穀類を消化する働きが弱い為、
消化不良を起こしてしまう原因にもなります。

 

フードのパッケージには含まれている原材料が明記されていますが、トウモロコシや小麦といった穀類が、原材料の1番上に書かれているフードは、ワンちゃんにはお勧めできないと言えるでしょう。

 

ワンちゃんにとって必要不可欠なお肉、タンパク質を多く含んでいるドッグフードなら、毎日安心して食べさせる事が出来ます。

 

また、炭水化物だけでなく着色料にも、注目してみましょう。
フードの色を変える為だけに入れる着色料は、ワンちゃんには不必要な物ですし、着色料を体内で分解、排出する際に肝臓に大きな負担がかかると言われています。

 

含まれている栄養素の他にも、パッケージの原材料に着色料が含まれているかどうかも、必ずチェックしたいポイントです。

 

ワンちゃんの健康は飼い主さんでなければ、守る事は出来ません。
まずは毎日食べるドッグフードの原材料に注目する事が、大切と言えるでしょう。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

危険なドッグフードとは?こんなドッグフードは買ってはダメ!!
こんなドッグフードは危険です。犬に与えてはいけないドッグフードはどんなものなのか紹介しています。
ドッグフードは何を基準に選べばいいの?
ドッグフードを選ぶときの基準を紹介。ここを見れば、ドッグフード選びで迷うことはありません。
安全なドッグフードの基準
安全なドッグフードの簡単な見分け方は「無添加」であるか、ないかです。ここを見るようにすれば、安全なドッグフードは選ばます。
ドッグフードの添加物が危険な理由
ドッグフードに含まれている「添加物」の危険性について記載しています。「なぜ?添加物はダメなのか」を知らずして、購入するのはやめましょう!
消化のいいドッグフードの選び方と特徴
消化のいいドッグフードの選び方や特徴を紹介。健康を維持に消化吸収はとても大事です。
塩分控えめなドッグフードを選ぼう!
塩分控えめなドッグフードは愛犬の健康維持に大切です。犬は汗をあまりかかないので、塩分の必要量は極めて少ないです。
ドッグフードの着色料に騙されるな!
何故、ドッグフードに着色料が使用されているのだろう?この疑問について解説しています。犬にとって着色料はまったく意味がないものです。