ドッグフードを残す理由と食べない理由|その行動は犬のメッセージ!?

MENU

ドッグフードを残す理由と食べない理由!

ドッグフードを食べない犬

 

ペットがドッグフードを「残す理由」と「食べない理由」について考えてみたいと思います。

 

まずは「残す理由」です。
同じように与えているのに一時的にそうなった場合は、「お腹がいっぱいであった」「体調が悪かった」「病気にかかった」等が考えられます。

 

人間も体調が悪ければ食欲が落ちますし、
満腹であれば食事を残すでしょう。ペットも同じと言えます。

 

また、ドッグフード自体に問題があることも考えられます。
賞味期限が切れていたり、保存状態が悪かったりすれば、味が変化してしまうからです。

 

少し食べて残したのですから、「味が美味しくなかった」ということも考えられます。

 

もし体調や病気に問題があると感じた場合は、すぐにみてもらう方が良いでしょう。
人間と同じで早期発見が早期回復に繋がる確率が高くなります。

 

一時的ではなく、毎回残す場合は、量が多いことも考えられます。
人間と同じで、犬にも個性があります。同じ種類で同じ年齢でも、犬によって食べる量は違ってくるので、様子を見て適量あげるとよいでしょう。まとめて提供しては腐敗の原因にもつながります。

 

一度美味しくなかったら、その後食べなくなる危険もあります。ですが、欲しがるから欲しがるだけドッグフードをあげるのは、人間と同じで病気や肥満の原因となるので注意が必要です。

 

 

次に、「食べない理由」について考えてみます。
この場合も、残す理由と同じことはまず言えるでしょう。ただ、全く口にしていないのですから、食べておいしくなかったということはなさそうです。

 

「臭いに違和感を感じた」とか「見た目が良くなかった」などが考えられます。犬の場合は、前者の方が確率は高いかもしれません。人間より嗅覚に優れていると言われるからです。

 

また、他にも食べ物が存在する場合、そちらの方が魅力に感じたという場合も考えられます。
ロールパンとケーキが置かれていたら、甘いモノ好きな方ならきっとケーキを選ぶでしょう。それと同じです。

 

ドッグフードは、年齢別、味別(ビーフ・ささみなど)、形状別(ドライ・レトルトパウチなど)、メーカーなどによりいろいろなものがあります。上手に選んでみてください。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

安いドッグフードと高いドッグフードの違いは?
安いドッグフードと高いドッグフードの違いについて解説しています。原材料にものすごい差がありますので、飼い主は知っておくべきです!
ドッグフードを冷蔵庫に保管?
ドッグフードを冷蔵庫で保管すれば、長持ちするのか?について解説しています。冷蔵庫に保管している方やこれから保管しようとしている方は是非読んでください!
開封後のドッグフードの保管方法と賞味期限
開封後のドッグフードの正しい保管方法を解説。また開封後の賞味期限についても説明しています。
愛犬の食事はドッグフードと手作りぶっちゃけどっちがいいの?
犬の食事はドッグフードと手作りどっちがいいのか説明。お互いにメリットがあり、デメリットも存在します。
ドッグフードの子犬用と成犬用の違い
ドッグフードは何故、子犬用と成犬用に分かれているのか?違いはなんなのかについて解説しています。
ドッグフードの種類を知ろう!
ドッグフードは種類が豊富で、何を選んでいいのか分からない方も多いはずです。しかし、犬の健康状態に合わせると比較的簡単にドッグフードが選べます。
ドッグフードの成分表の見方
ドッグフードの成分表の見分け方を説明しています。成分表の見方が分かれば、安全なドッグフードを自分で選ぶことができます。
食いつきがわるい犬にドッグフードを食べさせる方法
食いつきがよくない犬にドッグフードを食べさせる方法を伝授。この方法を使えば、80%以上の確率でドッグフードを食べてくれます。
無添加ドッグフードで得られるメリット!
無添加ドッグフードのなにがいいの?無添加にすると得られるメリットをご紹介!
なぜ殻物はドッグフードに使われるのか?殻物不使用が選ばれる理由!
ドッグフードに穀物が使われる理由と穀物が犬の体に悪い理由を説明しています。ドッグフードの穀物に疑問を感じる方は読んで( *`ω´)
ドッグフードの酸化は、犬の体調不良の一つ!【酸化を防ぐには・・・】
酸化したドッグフードを与え続けると体調不良になり、とても危険です。ここでは酸化の防ぎ方や酸化が原因で起こる体調不良について説明しています。
低炭水化物のドッグフードを選ぼう!【※犬は炭水化物の消化が苦手!】
犬は炭水化物の消化を苦手としているため、ドッグフードは低炭水化物のものがオススメ。
年齢に合わせてドッグフードは変えるの?
ドッグフードは「年齢に応じて変えるべきか?」について説明しています。また何故、年齢別に分かれているのか?その理由も説明してます。
国産にこだわる必要はない!ドッグフードはヨーロッパとアメリカ!!
国産のドッグフードにこだわるのは間違っています。ヨーロッパ産とアメリカ産のドッグフードは日本より先進国です。
中国産のドッグフードはやめよう!【※愛犬に与えるのはかなり危険!】
中国産のドッグフードの危険性について。私なら絶対に愛犬に中国産は与えません!