無添加ドッグフードはマジすごい!【※無添加で得られるメリット!】

MENU

無添加ドッグフードにすると得られるメリット

無添加ドッグフード

 

愛犬に少しでも長生きしてほしいと願う飼い主さんは少なくありません。
そのために何をすればいいかとなると、日々、健康的なドッグフードを食べさせるしかありません。

 

健康的なドッグフードといえば、「無添加ドッグフード」を挙げることができます。
普通のドッグフードをやめて無添加ドッグフードに切り換えれば、確かに愛犬を健康的に長生きさせることは可能になります。

 

無添加ドッグフードとは何かといえば、文字通り不要な添加物を加えていないドッグフードのことです。一般の商品には着色料や保存料が普通に入っていますが、添加物なしのドッグフードにはこうしたものが一切入っていません。

 

一般的な商品の中には、人間の食品では絶対に禁止されている農薬や殺虫剤が含まれた商品もあり、その点で危険があるといわなければなりません。

 

その点、添加物なしの商品なら内容成分が健康的であるといえます。

では、無添加の商品にはどんなメリットがあるのでしょうか?

それは次のような点を挙げることができます。

  1. 原材料の野菜などが無農薬で作られていること
  2. 酸化防止剤や防腐剤が使用されていないこと
  3. 愛犬の体に負担がかからないこと
  4. 病気になりにくくなること

 

以上4つが最大のメリットと言えるでしょう。

 

一般の商品を食べ続ければ将来的にアレルギー症状をきたすこともありますが、
添加物なしのものならその可能性が低くなります。

 

また他にも、病気の予防だけではなく、すでに患っている胃腸や肝臓、
皮膚の不調などが改善することさえ期待できます。

 

特に病み上がりの愛犬の健康回復は重要なテーマとなりますが、
添加物なしの商品なら安心です。

 

添加物なしの商品というのは、病気を回避させる力を養いますが、免疫力の向上にも貢献します。

 

見た目の良さや長持ちできることに惹かれて一般的な商品を買いたくなるものですが、
愛犬の健康のことを考えれば添加物のない商品が有効です。

 

添加物なしの商品では、酸化防止としてローズマリーや天然型のビタミンEなどが使用されています。


安全で健康維持できるドッグフードランキング!

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

安全でワンちゃんの健康を維持していくために最良のドッグフードは「カナガン」です。合成添加物を使用せず、動物性タンパク質が豊富。そして殻物を100%使用していないという消化器官への配慮がランキングの大きな決め手に・・・
カナガンの公式サイトへカナガンドッグフードの口コミレポート

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

100%無添加で、安全性は非常に高いです。
無添加にありがちな「消化吸収率の悪さ」も玄米やオーツ麦といった食物繊維を使い、消化を助け、消化しやすいラム肉を使用することによって、吸収率を高めています。お腹が弱いワンちゃんやあまり食べたいワンちゃんにオススメしたい無添加ドッグフードです・・・
ナチュラルの公式サイトへナチュラルドッグフードの口コミレポート

ヤラードッグフード

ヤラードッグフード

添加物を一切使用していないのに価格が安いのは魅力。使われている原材料は、栽培から飼育まで全てがオーガニックです。ただ、動物性タンパク質が少なく、殻物でタンパク質を補っているのが気になります。安全なドッグフードの基準はクリアしていますが、栄養バランスは1位、2位に比べると劣っています・・・
ヤラーの公式サイトへヤラードッグフードの口コミレポート


関連ページ

安いドッグフードと高いドッグフードの違いは?
安いドッグフードと高いドッグフードの違いについて解説しています。原材料にものすごい差がありますので、飼い主は知っておくべきです!
ドッグフードを冷蔵庫に保管?
ドッグフードを冷蔵庫で保管すれば、長持ちするのか?について解説しています。冷蔵庫に保管している方やこれから保管しようとしている方は是非読んでください!
開封後のドッグフードの保管方法と賞味期限
開封後のドッグフードの正しい保管方法を解説。また開封後の賞味期限についても説明しています。
愛犬の食事はドッグフードと手作りぶっちゃけどっちがいいの?
犬の食事はドッグフードと手作りどっちがいいのか説明。お互いにメリットがあり、デメリットも存在します。
ドッグフードの子犬用と成犬用の違い
ドッグフードは何故、子犬用と成犬用に分かれているのか?違いはなんなのかについて解説しています。
ドッグフードの種類を知ろう!
ドッグフードは種類が豊富で、何を選んでいいのか分からない方も多いはずです。しかし、犬の健康状態に合わせると比較的簡単にドッグフードが選べます。
ドッグフードの成分表の見方
ドッグフードの成分表の見分け方を説明しています。成分表の見方が分かれば、安全なドッグフードを自分で選ぶことができます。
食いつきがわるい犬にドッグフードを食べさせる方法
食いつきがよくない犬にドッグフードを食べさせる方法を伝授。この方法を使えば、80%以上の確率でドッグフードを食べてくれます。
ドッグフードを残す理由と食べない理由
ドッグフードを残す理由と食べない理由は必ずあります。言葉の喋れない犬が私たちに何かを問いかけています。
なぜ殻物はドッグフードに使われるのか?殻物不使用が選ばれる理由!
ドッグフードに穀物が使われる理由と穀物が犬の体に悪い理由を説明しています。ドッグフードの穀物に疑問を感じる方は読んで( *`ω´)
ドッグフードの酸化は、犬の体調不良の一つ!【酸化を防ぐには・・・】
酸化したドッグフードを与え続けると体調不良になり、とても危険です。ここでは酸化の防ぎ方や酸化が原因で起こる体調不良について説明しています。
低炭水化物のドッグフードを選ぼう!【※犬は炭水化物の消化が苦手!】
犬は炭水化物の消化を苦手としているため、ドッグフードは低炭水化物のものがオススメ。
年齢に合わせてドッグフードは変えるの?
ドッグフードは「年齢に応じて変えるべきか?」について説明しています。また何故、年齢別に分かれているのか?その理由も説明してます。
国産にこだわる必要はない!ドッグフードはヨーロッパとアメリカ!!
国産のドッグフードにこだわるのは間違っています。ヨーロッパ産とアメリカ産のドッグフードは日本より先進国です。
中国産のドッグフードはやめよう!【※愛犬に与えるのはかなり危険!】
中国産のドッグフードの危険性について。私なら絶対に愛犬に中国産は与えません!