MENU

ドッグフードの豆知識記事一覧

 

家族と同様に可愛がっている愛犬を健康で長生きさせるためには、毎日食べるドッグフードは大変重要になっています。ドッグフードは、比較的低価格の商品から、高価なプレミアムフードまで揃っていますが、違いを知りたいと考えている方が増えています。安いドッグフードと、高いドッグフードの違いは「原材料の違い」があります。比較的低価格の商品は、トウモロコシや大豆、小麦粉などの穀類を使用していることが多くなっています...

 
 

ドッグフードは、開封後の保存方法で迷っておられる方は多いと思います。一番いいのは、開封したらすぐに使い切ってしまうことですが、ひと袋に入っている量が多い場合は使い切ることはなかなか難しいものです。ドッグフードの保存場所としては、直射日光を避けて湿度の低い場所が最も適しています。夏場などは特に、クーラーのついているような涼しい場所が適しています。しかし、冷蔵庫に入れるのはあまりいい方法ではありません...

 
 

開封した後のドッグフードはきちんとした場所に保管しておくべきですし、賞味期限もしっかり守ることが、愛犬の健康のために大切なこととなります。では、開封後のドッグフードの保管方法とは、どのようなものでしょうか。まず、ドッグフードはドライフードと、ウェットフードに分かれます。ドライフードの場合は、冷暗所に保管する方法が最も良いです。直射日光があたる場所や、高温になったり多湿になったりする場所は避けます。...

 
 

愛犬のための食事には、「ドッグフードがよいのか?」または「手作りがよいのか?」と悩んでいる人も多いはずです。しかしこの疑問に対して、はっきりとした答えはないのが現状です。手作りの食事にしたところ、「とても毛並みが良くなり、健康的になった」という犬もいれば、「ドッグフードの方が健康で調子が良い」という犬もいるのが現状です。そのため、どちらが良いのではなく、どのような食事の内容なのかということによって...

 
 

ペットの健康を保つためには質の良い食事を用意することは欠かせません。手作りも良いですが、やはり毎日となると難しいものがありますが、市販のドッグフードは栄養のバランスも優れており、長期保存もできますので、用意しておくとかなり便利と言えます。フードは「ドライタイプ」「半生タイプ」「ウエットタイプ」などバラエティも豊富に用意されています。そしてドッグフードも実に様々な種類がありますので、それぞれの特徴は...

 
 

現代は空前のペットブームであり、犬を飼っている人も増え続けています。ペットの犬の数が増えれば、ドッグフードの需要も必然的に高まってくるものです。犬には大型犬がいれば小型犬もいます。赤ん坊の犬がいれば、高齢の犬もいます。そのため、犬の状態に応じてドッグフードを選ぶ必要があるのです。このような状況であるため、世の中には多彩な種類のドッグフードが出回っています。国内メーカーだけでなく、海外メーカーの製品...

 
 

安全なドッグフードを愛犬に食べさせたいと思うなら、ヘルシーな成分内容で構成されたドッグフードを購入する必要があります。安全なドッグフードは、つまり無添加ドッグフードのことです。どういう商品が無添加であるかを見分けるためには、成分表の正しい見方を覚える必要があります。まず、ドッグフードではどんな物質が使用され、またそれぞれの物質にはどんな影響や作用があるのかを知ることが大切です。例えば、アフラトキシ...

 
 

ドッグフードには「ドライフード」と「ウェットフード」があります。ドッグフードの種類はとてもたくさんあり、大切な愛犬に最高のものを食べさせたいという思いを持ちながらも、どのドッグフードを選べばいいのかわからずとても迷ってしまいます。「一生懸命選び抜いて購入した一品を」「高級食材を使った高価な一品を」必ずしも愛犬が気に入ってくれるとは限らないのが難しいところです。ドッグフードを変えた途端に食いつきがわ...

 
 

ペットがドッグフードを「残す理由」と「食べない理由」について考えてみたいと思います。まずは「残す理由」です。同じように与えているのに一時的にそうなった場合は、「お腹がいっぱいであった」「体調が悪かった」「病気にかかった」等が考えられます。人間も体調が悪ければ食欲が落ちますし、満腹であれば食事を残すでしょう。ペットも同じと言えます。また、ドッグフード自体に問題があることも考えられます。賞味期限が切れ...

 
 

愛犬に少しでも長生きしてほしいと願う飼い主さんは少なくありません。そのために何をすればいいかとなると、日々、健康的なドッグフードを食べさせるしかありません。健康的なドッグフードといえば、「無添加ドッグフード」を挙げることができます。普通のドッグフードをやめて無添加ドッグフードに切り換えれば、確かに愛犬を健康的に長生きさせることは可能になります。無添加ドッグフードとは何かといえば、文字通り不要な添加...

 
 

「なぜ殻物はドッグフードに使われるのか」ですが、殻物不使用が選ばれる理由として肉食動物である犬はもともと穀物つまり麦やコメなどは食べない動物です。なのにいろいろな犬用のペットフードでそのほとんどが麦やその他穀物などをたくさん配合したものをドッグフードとして使用しています。肉類などの動物性タンパク質については多いものでもせいぜい30%程度しか含んでいないものが多くあります。ただし、穀物については犬に...

 
 

犬は、気温の変化に弱い動物で、気温差が大きいと下痢をしやすくなります。人間とは違って、汗腺がほとんどないため、体温調節をするのが難しく、夏の暑い時期は胃腸の調子も悪くなっているので、良質なドッグフードを与えてあげることが大切です。比較的低価格なドッグフードは、とうもろこしや小麦、大豆などを使用して作られており、防腐剤や着色料、酸化防止剤などが含まれています。ドッグフードは、海外から輸入をしている商...

 
 

ワンちゃんのドッグフードを選ぶ際、価格だけで選んでしまう方が多いようですが、値段だけで選んでしまうと大切なワンちゃんに、負担をかけてしまうかもしれません。そもそも犬は肉食動物です。犬は人間の約4倍ものタンパク質が必要と言われている程、お肉を中心とした食事をしなければいけません。しかし、低価格のドッグフードの場合、フードの量を増やす為にトウモロコシや小麦といった炭水化物で、かさ増ししているケースが多...

 
 

現在日本ではペットブームが起こっていると言われ、多くの人が動物をかわいがって育てています。ペットとして飼われる動物としては猫や小鳥などのような定番のものや、少し珍しいものとしては蛇やトカゲなど様々な種類がありますが、なかでも一番人気が高いものと言えば、やはり古くから人間の友達だった犬でしょう。ペットの犬は飼い主にとっては大切な家族の一員なので、できるだけ健康で長生きしてほしいと願うものですが、その...

 
 

我が家の愛犬のためのドッグフードを選ぶとき、選ぶ目安となり得るものは、材料成分表記原産国この3つです。日本人は商品購入にあたり、どんなものであっても国産に注目する部分があります。ドッグフードであっても、大差はありません。しかし実際、海外産原材料を使用していても日本で加工しているのであれば、国産の表示ができます。そもそも、ドッグフードに関して先進国はヨーロッパとアメリカが双璧であるといえます。まず、...

 
 

可愛い愛犬はいつまでも元気でいてもらいたいものですが、そのためには食事であるドッグフードの質が重要になってきます。特に犬は人間のように何を食べても平気というわけではなく、人間が食べるようなものを与えるとそれだけで体調を壊してしまうことがあります。一昔前までは犬に残飯などを与えていた時代もありましたが、そのような行為は犬にとって非常に危険なものでしっかりとしたドッグフードを与えることが重要になってき...